最新情報

事例企業・団体福祉関連

「年末の交通安全県民運動」啓発品に 授産製品

2018年12月06日

平成30年12月6日(木曜日) 中日本高速道路株式会社 東京支社 浜松保全・サービスセンター内において、「年末の交通安全県民運動」に使われる啓発品の引渡しが行なわれました。

中日本高速道路株式会社 東京支社 浜松保全・サービスセンター様では、地域貢献活動の一貫として、交通安全啓発品に、障がいのある方々が作った製品を採用していただくのは、恒例となっており、今回は、浜松市南区にある障害福祉サービス事業所「(福)復泉会 ワークショップくるみ」の製造した遠州綿紬コースターが、採用されました。

ワークショップくるみの利用者さんから、浜松保全・サービスセンターの赤川保全担当課長様へ製品が手渡されました。

この製品は、年末の交通安全県民運動期間中、「平成30年12月17日(月曜日)10時より東名高速道路、浜松インターチェンジ入口」で行われる交通安全イベントで配布されます。

 

◆プレスリリース・・・中日新聞に紹介されました

 

 

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他