最新情報

事例企業・団体

マルイ・モディ静岡店「3.11ソレカラ パネル展」

2019年12月18日

令和元年12月17日~12月31日(予定)まで

 マルイ・モディ静岡店様では、「ダイバーシティ&インクルージョン」として、すべての人が幸せを感じる豊かな社会を目指す。をモットーに、東北の震災で障がいのある人が3.11をどう乗り越えたかのパネル展示をしました。

 この展示は、オールしずおかベストコミュニティが、平成23年3月11日に発生した東日本大震災で被災した障害福祉施設を講師に招いた防災研修において、障害者働く幸せ創出センターで行なったパネル展示を見た担当者が多くの方に知っていただきたいと考え実現したものです。

 パネルには、障害者の当事者、支援員がその時感じたことを、1枚1枚のパネルにして、表現しています。

合計、28枚のパネルには、28のストーリーがみえ、他人事では語れないお話があります。

 今年は、台風19号により、多くの想定外被害がありました。地震ばかりではなくそれらの災害に障がいのある人(立場の弱い人)やペットなど、その時にどう対応するか、考えさせられる展示内容でした。

◆参考サイト

3.11ソレカラ -障害者・福祉職員の「あの日」と「ソレカラ」-」(外部リンク)

◆協力:特定非営利活動法人みやぎセルプ協働受注センター

(支援部 松本克彌)

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他