最新情報

イベント情報地域

第21回 静岡県障害者芸術祭

2019年10月03日
義足のダンサー
大前光市 ライブパフォーマンス
演目「SWAN
義足というハンディキャップを活かし独特の創作ダンスを展開。世界の注目を集める。
障害の有無を越えた、共生の輝き!
公演「シェイク・ハンド
~怪獣0・・・どこからきたの?~
言葉や見た目がちがっても・・・握手をしよう。目にみえない優しい心を届けよう。
脳性まひのバイオリスト
式町水晶 ライブステージ
3歳で脳性まひが発覚。現在23歳、障害の垣根を越えて、夢や希望を贈りたいと精力的に演奏活動を行っている。
越智貴雄写真展
&トークセッション
社会に存在する「障害のある人」へのネガティブなイメージを取り払うために、様々な活動を行っている写真家越智氏の作品を展示。
町田友潤
ゲストトーク
常葉菊川高校時代に、4季連続で甲子園に出場し、春の選抜大会で優勝、夏の選手権大会で準優勝、ベスト4と輝かしい成績を残す。障害を抱えながら絵画創作に取り組む少年との出会いが契機となり、2018年浜松市に障害のある子供たちを支援する「グリーピース」を開設。

◆詳細はチラシをご覧ください 「静岡県障がい者芸術祭チラシ」(pdf)

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他