最新情報

情報地域

おにぎりで自立をめざす「おにぎりの会」!

2019年07月30日
共同募金会助成事業「こども食堂誕生日会・授産製品応援事業」では、静岡県各地にあるこども食堂へ同地区にある障害福祉サービス事業所で作られたケーキを届けています。
 令和元年7月13日(土曜日)富士市の「おにぎりの会」へ、同じ富士市にある福祉事業所「きさらぎ富士」からケーキが届けれられました。
「おにぎりの会」の参加者は、富士市教育プラザ内 富士市若者相談窓口 ココ☆カラの相談者を中心に構成されており、中学校卒業以上の若者でニート・ひきこもり・不登校などの困難を抱える方々とそのご家族、ボランティアサポーターが参加しています。
 著名な福祉活動家 佐藤初女さんに倣って、おにぎりをみんなでにぎってみんなで食べる。
素朴な素材の味をそのままに頂く、食の見直しにより、からだから心の問題も改善していくことができる。
「みんなで食べたおにぎりを思い出し、米と塩があれば自分で生きていけるという意識を養ってほしい」と食から自立に向けた、若者の悩みに寄り添う支援を実践しています。
 定番メニュー「おにぎりとみそ玉」の食材はすべて寄附で、ボランティア、食材サポーター大歓迎とのことです。「毎月バースデーを祝えて楽しい。来月は誰?」など、会話が弾むとのことでした。
カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他