最新情報

情報

農福連携個別支援報告(ワークセンターふたば)

2021年01月04日

本年度も、オールしずおかベストコミュニティでは、引き続き静岡県より農福連携支援事業を受託し、農福連携事業の一環として、福祉事業所の農業技術の向上や6次化の推進の為、それぞれの課題解消に専門家を派遣してアドバイス(農福連携個別支援)を行っています。

令和2年12月10日(木曜日)、浜松市中区にある障害福祉事業所「特定非営利活動法人えんしゅう生活支援netワークセンターふたば(LaLaCafe)」の第3回目の個別支援が行われました。

講師は施肥技術マイスターであり、以前にも福祉事業所の農業の技術指導をしていただいた宮本様です。今回の指導は、宮本様が70年地元で肥料店を営んでいる宮本肥料店で行われました。

ワークセンターふたばでは、5年ほど前から畑を借り農作物を栽培してきましたが、スタッフの農業経験が乏しく生産効率を上げることができず、計画的な栽培ができないなどの課題を抱えていました。

前回までの個別支援では、土づくりの大切さや、有機肥料と化成肥料の違いについて指導していただきました。そして土地のくせを知り、適した作物を選定するために土壌分析を行いました。
今回、土壌診断の結果が出たので、具体的な土づくりの指導をしていただき、理論に基づいて野菜を育てていけそうです。
次は最終回となります。事業所において指導が行われる予定です。

◆静岡新聞に紹介されました

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他