最新情報

セミナー情報

農福連携 個別支援報告8

2019年02月01日

 浜松市の「社会福祉法人あそしえ あぐり」では農福における利用者さんの可能性を知り、今後につなげること、農作物の生産から販売へのプロセスを学ぶことを目的に浜松市東区の株式会社森島農園のご協力を得て実習に取り組むこととなりました。

 平成31年1月24日、同農園にて高林取締役のご指導のもと第一回目の実習がおこなわれました。当日は今後の研修内容の打ち合わせや収穫した野菜を商品として出荷するための出荷工程の一部について作業実習がおこなわれました。

 作業実習ではご担当の方からきめ細かなご指導をいただき、農産物を販売するための基本的な留意事項などを学ぶことができ大変有意義な実習となりました。

また、「あぐり」では自営にて農業にも取り組んでおり、森島農園様には今後の研修のなかで作物に関する指導やアドバイスもいただく予定です。

  

 三島市の「特定非営利活動法人 にじのかけ橋 アルシオン」は生産者として、産地の特色を生かしたよいものを供給すること、また農業の人手不足解消のための仕組み作りにも積極的に取り組んでいる事業所です。そうしたことから農業における基礎知識の習得を大切に考えています。

 1月29日、第1回目の研修は地元三島市の有限会社 石川鉄造種苗店 代表取締役社長 石川 靖様を講師に「野菜講習会」と題し、野菜栽培に関する基礎知識を学びました。

タネの種類、タネの選び方、堆肥の役割、資材を使った栽培他、専門家が重要視している基礎知識について非常にわかりやすく解説していただきました。参加したスタッフから多くの質問もでるなど、活気に満ちた研修となりました。次回も引き続き石川様による研修を予定しています。

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他