最新情報

セミナー福祉関連

【セミナー報告】障がい者向け「就職ガイダンス」

2015年10月26日

 平成27年10月24日(土)、障害者働く幸せ創出センターで、一般就労を目指す障がいのある人と保護者・支援者を対象として、就職活動に役立つ「就職ガイダンス」を開催しました。
今回のこの「就職ガイダンス」は、3部構成となっており、
 第1部テーマは、「就職のために必要となるちから」
講師は、障がいのある方の就活・定着の支援機関である、静岡障害者職業センターの那須所長様です。

27gai01

・先輩たちの働く職場の紹介
・雇用する立場の人(社長さん)が心配していること
・これから身につけてほしいこと・・・など
を画像を見ながら分かりやすく説明していただきました。
特に、健康管理に気をつけ、約束やルールを守ること、分からないことは必ず質問したり相談すること、作業や仕事をするとストレスがたまるのでリフレッシュできる趣味や楽しみを持つことなどを、参加者に伝えました。お金をいただくことは、大変な部分があるだけに、いまのうちから、様々な部分で練習を積んでいってくださいとアドバイスをくださいました。さらに、いま出来ている良いところはさらに伸ばし、出来ていない部分は少しずつ伸ばしていきましょうと付け加えました。

 

27gai02

 

第2部テーマ「企業が望む人材」
講師は、雇用する企業の立場から、実際に障がいのある人を雇用しており、ご自身は社内教育トレーナーとしても活躍されている㈱たこ満の平松きよ子相談役です。
・企業が望む人材とは
・社会人としてのマナー・・・など
身だしなみや礼儀の作法などのお話とともに、参加者全員で姿勢やお辞儀の仕方などを練習しました。
人と接する場合の行動・行為に重点を置いて説明していただきました。相手の目を必ず笑顔で見てから、元気な声で「おはようございます」などの言葉を発してから、お辞儀をすることが、相手に対しても気持ちが伝わると話されました。背筋を伸ばして歩くこと、お辞儀は相手のつま先を見て45度の角度がベターであることなども大切なことです。これらは、一度にできる行動ではありませんが、日頃の生活の中で少しずつ覚えていくことを参加者に助言されました。

 

第3部は、各就労支援機関の説明やスキルアップの方法などについて、当法人の戸塚相談員が紹介しました。

参加された方は、特別支援学校の生徒、就労系福祉事業所の利用者で年齢も様々でしたが、
皆さん真剣なまなざしで講義を受けていました。また基本マナーの習得では、和気あいあいと笑顔で
練習できました。

次回の「就職ガイダンスB」は11月21日(土)に予定します。今回のガイダンスを踏まえて
少しレベルアップしますが、わかりやすく、就活意欲がでるガイダンスです。
ぜひお申込みしてください。

 

◆プレスリリース 静岡新聞にも掲載されました。

271026s

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他