最新情報

情報企業・団体福祉関連

「ふじのくに福産品」ロゴマーク のご紹介

2020年03月13日

ふじのくに福産品ロゴマーク

 

【キャッチコピー】
 幸福(しあわせ)産みだすこの一品

 

【制作者の意図】
 ・「良い」「正しい」の意味をもつ
  丸印で「品」の字を表現
 ・3つ○が支え合うことで、
  福産品がより良いものと
  なるように願いを込めた

 

静岡県は、障害のある人が働く事業所の製品である「授産品」について、県民の皆様により身近に感じられ、広く親しまれることを目的に愛称を公募し、幅広い年代から125点の応募があり、昨年10月に「ふじのくに福産品(ふじのくにふくさんぴん)」に決定いたしました。

 

愛称に込めた意味や思い(50代・男性)
「静岡県(ふじのくに)内の福祉サービス事業所で働く人が作る製品(産品)」がイメージしやすいように平易な言葉で表現しました。福祉が主に意味する「公的扶助」のみならず、作る人も買う人もともに「しあわせ」になるようにとの思いを「福」の字に込めました。

 

令和2年2月、この愛称をより一層知ってもらうため、「ふじのくに福産品」を基にしたロゴマークを、静岡文化芸術大学の学生が作成しました。

ロゴマークを考案した 静岡文化芸術大学 デザイン学部三年の 大坪史明 さん は、
「良い、正しいという意味を持つ丸印で『品』の字を表した。筆のタッチを生かして手作りの良さを伝えた」そうです。

ロゴマークはシールにして、ふじのくに福産品のPRに使われる予定です。

 

◆中日新聞・静岡新聞に掲載されました。

 

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他