最新情報

情報福祉関連

本格讃岐うどんを静岡で堪能!

2020年07月21日

静岡市駿河区高松にある「本格讃岐うどん こころ彩」に伺いました。

今 人気のうどん店ですが、じつは障害サービス事業所で障害のある方たちが働く、
今年で2年になる就労継続支援A型事業所です。
古民家を利用した讃岐うどんのお店で、毎日元気に利用者さんが作業をしています。

古民家を利用した趣のあるお店

運営している㈱ティーサービス広報担当の平沢さんにお話を伺いました。
「コロナの影響で、営業が大変な状況でしたが、最近はお客様が戻ってきてくださって、安心しています。

一般就労で仕事ができるように、ここで利用者さんに身に付けてほしい事は、仕事が出来るだけではダメだという事です。一緒に仕事をする人に尊敬の気持ちを持って接する、自分が言われて嫌な事は言ってはいけないよ、と仕事をする上で大事な事をちゃんと伝えています。」

お話を伺っている間にも、うどんを食べにお客様が引っ切り無しに来店されていました。

うどんと天ぷらのセット

そして、お店の向かいにある「こころ彩シフォン工房」にもお邪魔しました。こちらは、こころ彩で販売しているシフォンケーキを作っています。焼きあがったケーキを一晩寝かせて、翌朝その日の販売分をカットして袋詰めしています。

左:計量はお手の物!  右:シフォンケーキの梱包もやっています

ふわふわのシフォンケーキは、定番の味から季節限定の味までいろんな種類が取り揃えられていて、一ヶ月に10,000個売れる大人気スイーツです。平成30年度静岡県授産製品コンクール  食品部門でオールしずおかベストコミュニティ理事長賞を受賞しました。

「利用者さんの個性に合わせて作業分担を決めて、みんなが自分の力を発揮して仕事ができるように、何かあったらすぐに話し合いをして解決するようにしています。シフォンケーキは、うどん店だけでなくキヨスク、しずてつストアなどでも販売をしているので、実際に売っているのを見る事で、「これは私が作っているんだ!」とモチベーションなっているようです。静岡市といったら、こころ彩!と言ってもらえるようになりたいですね。」(平沢さん)

利用者さんが活き活きと働ける環境を整えよう、という事業所の思いが伝わるお話を伺う事ができました。

本格讃岐うどん こころ彩  静岡市駿河区高松2576
【営業時間】平日 11:00~15:00  土日祝 11:00~15:00・16:30~20:30

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他