最新情報

情報企業・団体福祉関連

好調 シェアサイクル「PULCLE(パルクル)」

2020年09月11日

令和2年6月8日(月曜)よりスタートした、静岡市の官民連携事業 シェアサイクル「PULCLE(パルクル)」は、新型コロナウイルスの感染拡大により、電車やバスでの「密」を避けたい風潮を追い風に、利用者が増加してきています。すでにサービス開始から令和2年8月24日までに、約10,000回の「PULCLE」利用がありました。

 

 

「PULCLE」とは、静岡市内のまちなかに複数のサイクルポートを設置し、いつでも、どこのポートでも自転車の貸出・返却ができる静岡市の新しい移動システムです。令和2年9月3日現在、公共施設や公園など50か所にあり、約124台の自転車が利用でき、今月中までに新たに41か所増える予定です。

 

市民のみなさんに気持ち良く利用していただく為、「株式会社TOUKAIケーブルネットワーク」から委託を受けオールしずおかベストコミュニティーが、市内のシェアサイクル設置個所の清掃・日常保守作業を、静岡市清水区では「ラビット清水」と「NANAIRO」、静岡市葵区・駿河区では「ウイン作業所」と「ふじみ作業所」の市内4つの障がい福祉事業所に業務依頼しております。

 

シェアサイクル「PULCLE(パルクル)」日常保守を障害福祉事業所に
http://www.all-shizuoka.or.jp/info/1976497/


PULCLE公式HP
https://pulcle.hellocycling.jp/(外部サイト)

 

◆中日新聞に紹介されました

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他