最新情報

情報

令和2年度「心の輪を広げる体験作文・障害者週間のポスター」入賞作品集

2020年12月18日

 

毎年、12月3日から12月9日までは「障害者週間」です。「障害者週間」は、障がいのある人があらゆる分野の活動に参加することを促進するために設けられています。障がいの有無にかかわらず、誰もが地域や職場、学校などで人格と個性を尊重し合い、支え合う「共生社会」の実現を目指し、内閣府では都道府県・指定都市と共催して令和2年7月から9月に「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」の募集をしました。

 

このたび応募された多くの作品の中から、本年の入賞作品を収めた作品集が発刊されましたので、ご紹介いたします。

 

作文は、障害のある家族や友人との強い絆、障害のある人の勇気や前向きな姿勢が活き活きと書かれており、また、ポスターは、障害の有無に関わらず人々が共に演奏や踊りを楽しむ微笑ましい作品、ヘルプマークや点字ブロックを描いた作品は少しの心掛けが障害のある人への大きな助けになることを教えてくれます。

 

下記HPにて、冊子の内容をpdfでご覧いただけます。

 

令和2年度「心の輪を広げる体験作文」 「障害者週間のポスター」入賞作品集
https://www8.cao.go.jp/shougai/kou-kei/r02sakuhinshu/index.html
(外部サイト)

 

静岡県内で表彰された生徒の「作文」や「ポスター」は、下記の3点です。


◆令和2年度「心の輪を広げる体験作文」入賞者

≪ 佳作 ≫

静岡市 静岡市立藁科中学校1年 女子 「あの一言をかけるため」(P66~67)

浜松市 静岡県立西部特別支援学校高等部1年 男子「僕は健常者と障がい者」(P74~76)

 


◆令和2年度「障害者週間のポスター」入賞者

≪ 佳作 ≫

浜松市 浜松市立上島小学校5年 男子「共に走る」(P108)

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他