最新情報

セミナー情報福祉関連

農福連携 個別支援報告11

2019年02月12日
 沼津市の「社会福祉法人 輝望会 こころみファーム」では、事業所隣地の圃場にて特色のある果実の栽培を計画しており、平成31年2月4日、静岡県東部農林事務所にて生産振興課 産地育成班(果樹)の古屋主査にご指導・アドバイスを受けました。
 具体的には案件であるシャインマスカットの栽培について土壌検査や設備、
立地(日当たり、水)、年間作業量の推移や、病害虫対策等、多くのアドバイスをいただきました。また、ぶどう以外の果実栽培の選択肢についてもアドバイスをいただきました。
 同事業所のご担当は今後の果実栽培について実践的なアドバイスをいただき、同事業所の果実栽培の方向性を検討するにあたり大変参考になったとのことでした。

 平成31年2月5日、三島市の「特定非営利活動法人 にじのかけ橋 ミストラル」は、個々の障がいのある方の特性を農作業のどの分野で活かせるのか、実習等を通じて学ぶことを目的に、田方郡函南町の酪農王国株式会社様にて、同社営業管理部長 西村 悟様を講師とした第1回目の研修がおこなわれました。同研修には事業所の指導者や利用者他、事業所のサポーターも参加し大変活気のある研修となりました。

 酪農王国では障がいのある方の雇用実績(現在5人の方が常用雇用)も高く、それぞれが特性を生かした仕事に従事し、更に仕事の幅を広げていることや畑作業等の内容の紹介、さらに酪農王国が目指す農業についてお話していただきました。

特に地域活性化を目指した地産作物の活用や6次産業化、循環型農業等、今後の農福連携に大変参考となるお話、また、「心と体の健康」のためにスポ―ツ活動に関しても熱心に取り組んでいること等、事業所や利用者様にとって大変勇気づけられるお話でした。

次回は同社がおこなっている「めぐり野菜=循環型の野菜づくり」について研修が組まれ
る予定です。

 

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他