最新情報

セミナー情報

農福連携 個別支援が始まりました。個別支援1

2019年12月13日

今年も農福連携支援事業の個別支援が始まりました。

 個別支援とは、各障害福祉サービス事業所の取組状況に合わせて、農業技術向上に向けた専門家派遣などによる個別支援をするものです。

 令和元年11月21日(木曜日)袋井市の「社会福祉法人なごみかぜ なごみかぜ工房」において山本哲也様(自然農法)によるの第1回目の個別支援がスタートしました。

「なごみかぜ工房」では圃場で自然農法の野菜作りに取り組んでおり、収穫された野菜は有機栽培の野菜などを取り扱う専門の店に出荷をしています。

 今回のテーマは「より安定した栽培と収穫」を目指して、まずは畑の現状を確認したところ、水はけがよくないため、山本様のご指導の下、畝作りと苗植えを行いました。

 耕耘機で2回ほど耕した後、畝を高くしたり通気性をよくするための穴を空けたりするなど、日頃から畑を手伝っている利用者さんも作業に参加し道具の使い方などの指導もしていただきました。

(農福担当 大石郁子)

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他