最新情報

セミナー情報福祉関連

【セミナー報告】農福連携事業 個別支援③

2018年01月31日

平成30年1月24日(水曜日)「就労継続支援A型事業所 アウル」が静岡市駿河区にある畑田農園のミニトマトを栽培しているハウスで利用者さんが3名参加し、個別支援1回目を実施しました。

自己紹介の後、畑田様から「草取りは地味ですがトマトが病気にかからず健康に育つための大切な作業です。」という言葉があり、プランター周りの草取りや、床に落ちている出荷できないトマトを回収しました。

作業内容を丁寧に教えていただき、また作業中にも声をかけていただき、順調に作業を行うことができました。

平成30年1月24日(水曜日)浜松市南区にある「就労継続支援B型 あぐり」において第2回目の個別支援が丸高農園鈴木様の指導のもと行われました。

 今日の課題は2つ ひとつはビニールハウスでの栽培作物の検討、2つ目は事業所周辺の畑の土質(PHなど)を計測し、実態をつかむことでした。

 ビニールハフスでは多くの種類を栽培せず、種類を限定し収量を確保するためにミニトマトとイチゴの栽培に絞りました。土質は酸性度がやや強く、堆肥を入れ込んだのち計測することにしました。ハウスを整備するための費用が掛かることから次回までにどの程度経費を見込むことができるかを明確にしておくことが宿題となりました。

カテゴリー: イベントセミナー公募事例情報企業・団体福祉関連地域その他